クローズドノート

気になる作品を紹介します。
〜 クロ−ズドノート 〜

ミステリー界の雫井脩介が
初めて挑んだ恋愛小説「クローズド・ノート」。
「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004)、
「春の雪」(2005)などを次々に発表し、
ヒットメーカーの地位を確立した行定勲監督が映画化。

教師を目指す普通の女子大生・香恵(沢尻エリカ)が、
引越し先の前の住人・伊吹(竹内結子)の日記を開いたことから、
自分自身の恋と人生を変えてゆく運命的なラブ・ストーリー

ヒロインの香恵役を、今最も旬な女優のひとり、
沢尻エリカが演じる。
香恵(沢尻エリカ)のときめく恋の日常と
日記の中の伊吹(竹内結子)の人生、
ふたつの世界がパラレルに描かれ、
出会うはずのないそのふたつが交錯した時、
日記に隠された真実が次第に明らかになってゆく。

秘密が明かされるラストでは、
その切なさにキュンとなると共に
優しい気持ちをもらえるような
あたたかい感動作。


【 出演 】
沢尻エリカ  伊勢谷友介  竹内結子  板谷由夏  
田中哲司  サエコ  黄川田将也  永作博美  
石橋蓮司  篠井英介  中村嘉葎雄

スパイダーマン3を批判!?

ルーカスがスパイダーマン3を批判!?

5月8日、米タイム誌が発表した“世界に最も影響力のある100人”を招待するオールスター晩餐会がニューヨークで開催された。

パーティの席で、ジョージ・ルーカスがFoxNewsに対し
「スター・ウォーズ」シリーズをさらに2本
TV向けに製作する意思があることを発表。

新たな作品は、スカイウォーカー家は登場せず
別のキャラクターが主人公となる予定で
各1時間程度のTV番組として製作されるもよう。

この他にも、プロデュースを手掛ける「インディ・ジョーンズ4」の
準備中であるルーカスは
世界中で大ヒットを飛ばしながらも批評家からは不評の嵐の
「スパイダーマン3」を批判し
「くだらない映画。中身がない。
ほとんどストーリーがない」
と爆弾発言。

「かつては『スター・ウォーズ』をくだらないと言う人もいたが
今ではいないよね」とウィンク交じりに語ったというのだが、、、。


ルーカスが批判!?

ルーカスが批判!?

5月8日、米タイム誌が発表した“世界に最も影響力のある100人”を招待するオールスター晩餐会がニューヨークで開催。

このパーティの席で、ジョージ・ルーカスがFoxNewsに対し
「スター・ウォーズ」シリーズをさらに2本
TV向けに製作する意思があることを明らかにした。

新たな作品は、スカイウォーカー家は登場せず
別のキャラクターが主人公となる予定で
各1時間程度のTV番組として製作されるよう。

この他にも、プロデュースを手掛ける「インディ・ジョーンズ4」の
準備中であるルーカスは
世界中で大ヒットを飛ばしながらも批評家からは不評の嵐の
「スパイダーマン3」を批判し
「くだらない映画だ。中身もない。ほとんどストーリーがないじゃないか」
と爆弾発言。
「かつては『スター・ウォーズ』をくだらないと言う人もいたが
今ではいないよね」とウィンク交じりに語ったという。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。